健全health情報:スギ花粉症

これからもずーーーっと健康で生活していきた。
病気で苦しんでいる時なんか特にそう思いますよね。
このサイトでは健康に関する情報を色々とまとめてみました。

スギ花粉症

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も症例の多い中耳炎で小さな子どもによく発症する病気です。強烈な耳の痛みや38℃台の発熱、鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏などの耳の症状が出現します。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことやタバコを吸う事・お酒を毎晩飲む事・肥満といった生活習慣が悪化したこと、ストレスなどによって、現在日本人に増加しつつある病気だといえます。
気分障害のうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなり、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲不振、体重の減少、焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の辛い症状が出現します。
クモ膜下出血は9割近くが脳動脈りゅうという血管にできる不要な瘤(こぶ)が破裂して出血してしまうことが原因となって罹患する大変恐ろしい病気だと認識されています。
陰金田虫とは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、カビの一種である白癬菌が陰嚢、股部、臀部などの部位に何らかの理由で感染、棲みついた感染症で簡単に言うと水虫です。


もう永久歯の周りのエナメル質を脆くさせるほど酷くなってしまった歯周病は、おそらく進行具合が治まることはあっても、失ったエナメル質が元通りに復元されるようなことはないのです。
UVB波は、UVA波より波長が短いという性質があるので大気中に存在するオゾン層を通る際にその一部分が吸収されますが、地表まで達したUV-B波は皮膚の表皮の内側で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を傷つけてしまうなど、皮膚に悪い影響をもたらしています。
ストレスが溜まっていく構図や、便利で有用なストレスのケア方法など、ストレスに関して細かい知識を勉強しようとする人は、そんなに多くはありません。
メタボリックであるとは診断されていなくても、臓器の脂肪が溜まる種類の悪い肥満症が存在する事で、いろんな生活習慣病を引き起こしやすくなります。
脂漏性皮膚炎というものは皮脂の分泌異常が原因で発病する湿疹で、分泌がおかしくなる因子としてはアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのアンバランス、ビタミンBコンプレックスの慢性的な欠乏などが関わっているのです。

PAGETOP