健全health情報:狭心症

これからもずーーーっと健康で生活していきた。
病気で苦しんでいる時なんか特にそう思いますよね。
このサイトでは健康に関する情報を色々とまとめてみました。

狭心症

胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な治療法では大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング」と「大動脈冠動脈バイパス術(CABG)」の二者の技術が精力的に扱われています。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な措置では現在「大動脈バルーンパンピング法」に加えて「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス術(CABG)」の両方の技術が頻繁に採用されています。
体脂肪量(somatic fat volume)に変動が見られないのに、体重が食物の摂取や排尿などによって短時間で増減するような時、体重が増えた人の体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減った人の体脂肪率が上昇することがわかっています。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンに替わる新しい手段として、正式に定期接種になることによって、病院などの医療機関で個々に注射するスケジュール管理の必要な個別接種の扱いに変わりました。
基礎代謝(BM)とは人間が横臥位でじっとしていても使うエネルギー量であり、その50%以上を全身の筋肉・一番大きな臓器である肝臓・脳の3種類で占めるということはまだ広くは知られていません。


鍼灸の鍼を患部に刺す、という直接的な何か所もの刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスと称される電気信号の伝達を招くという見解が広まっています。
AEDとは医療資格を保持していない方にも利用する事のできる医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの手順に応じて行動することで、心臓の心室細動に対しての治療の効果を与えます。
「時間がない」「上っ面だけの色々な人間関係が嫌でしょうがない」「先端テクノロジーや情報のめざましい高度化になかなか付いていけない」など、ストレスが蓄積されてしまうシーンは人によって違うようです。
高齢の人や慢性病のある人などは、極めて肺炎になりやすくて治るのに時間がかかると言われているので、事前の予防や迅速な手当が必要です。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する被害者の追跡調査の結果をみると、体の大きな成人よりも体の小さい子どものほうが漏れてしまった放射能の被害をよく受容することが見て取れます。

PAGETOP